予防歯科

HOME > 予防歯科

予防歯科 イメージ写真

歯を削る治療から、
歯を使い続ける予防歯科へ。

予防歯科ではむし歯・歯周病の発生を防ぐために、
患者様一人一人に合わせた計画を立て、
歯科衛生士が定期的に予防メンテナンスを行い、管理していきます。

予防メンテナンスの前に

歯を失う原因の1位は歯周病で全体の40~50%を占め、2位はむし歯で全体の50~60%を占めています。歯周病・むし歯になる可能性を減らし、管理することができれば、歯を失う原因を限りなく0に近づけることができます。
当院では、むし歯治療・歯周病治療などにより歯科的リスク(むし歯・歯周病になる可能性)を0にしてから、予防メンテナンスに移行します。

予防メンテナンスの流れ

1.お口の中の現状を調べ、科学的・数値的に把握します。

むし歯のリスク診断
歯周病のリスク診断

↓

2.リスク原因に対して最も効果的な方法でアプローチします。

↓

3.定期的にお口の中の状況を調べ、数値的にリスクの上昇を管理します。

↓

4.リスクの低い状態で早期対策を行います。

むし歯のリスク診断

むし歯の根本的影響要因8つを調べます。

  1. ミュータンス菌の数…むし歯になるきっかけを作る細菌です。
  2. ラクトバチラス菌の数…むし歯を進行させる細菌です。
  3. だ液量の測定
  4. だ液緩衝能(中和力)…酸性の環境を中性に戻すだ液の力を測定します。
  5. フッ素の使用状況
  6. 食事の回数
  7. 細菌巣の量…歯垢(歯の汚れ)の付着状況を調べます。
  8. むし歯の経験数

歯周病のリスク診断

歯周病の原因を細菌レベルで調べます。

  1. 位相差顕微鏡…細菌の活動状況を調べます。
  2. PCR検査…歯周病原菌の中でも歯周病と強く関連する菌の有無を調べます。
  3. 精密検査…歯周病の進行度合いを調べます。
  4. 口腔内写真撮影…お口の中の様子を写真で記録します。
  5. デンタル撮影
  6. 口臭測定…口臭の原因を調べ歯周病由来、舌苔由来、内臓由来のものに分類します。

以上の検査により歯科的リスクを把握した後に、リスク0を目指して患者様に最も効果的な対策を実践します。

リスク0になったら…
定期的にむし歯・歯周病のリスク診断を行い、リスク数値の上昇が見られないか調べ、
リスク0の状態を維持し、むし歯・歯周病の発生を予防していきます。

ご予約・お問い合わせ

電話番号 0547-54-5565

メールフォームはこちら

初めての方へ 治療の流れ

診療時間

診療時間表

  • ▲ 手術日・特別診療日
    (土曜のみ8:30〜14:00)

[休診日]日・祝、第1・3・5木曜

※第1・3・5木曜日は市立島田市民病院での診療・手術のため休診となります。

詳細

アクセス地図

〒427-0057 
静岡県島田市元島田9248-1
TEL.0547-54-5565

アクセス地図

詳細

採用情報

自分の力を試したい方、地域医療に貢献したい方など、ぜひ一度見学にお越しください。

詳細